ダイヤモンドコア・コアビット
HOME > 技術情報 >ダイヤモンドコアドリリング>工法説明
ダイヤモンドコアドリリング・工法説明
 

ダイヤモンドコアドリリング工法は、刃先にダイヤモンド砥粒が埋め込まれたダイヤモンドビットを高速回転させ、コンクリート構造物等を穿孔するものである。発生する切断粉塵の除去とビット冷却のために水またはエアーを刃先に送りながら穿孔します。
機械の反力は、アンカーなどを使ってコンクリート構造物に固定することで確保できる為、機械は小型軽量化されており、高精度の穿孔が出来ます。

 
 
レジテムロゴ
copyright(c)2006-2015 Resitem Corporation All rights reserved