鉄筋探査・RCレーダー・ストラクチャスキャン・フェロスキャン
HOME > 技術情報 >コンクリート内埋設物調査 >鉄筋調査 >工法説明
鉄筋探査・工法説明
 

スキャナーはコンクリートの表面を走査し、コンクリート内部へと電磁界を放射します。同時にスキャナーは微分解析により強磁界金属、つまり磁束が集中する鉄筋などが検地されます。走査方向と平行な配筋はモニター上に表示されません。したがってイメージスキャン、つまり画像出力過程では走査は必ず直行する2方向に行います。弊社では、ヒルティーフェロスキャンのほかに、日本無線のRCレーダーでも鉄筋探査を行っております。

 
 
レジテムロゴ
copyright(c)2006-2015 Resitem Corporation All rights reserved