レントゲン撮影・非破壊検査
HOME > 技術情報 >コンクリート内埋設物調査 >レントゲン >工法説明
レントゲン撮影・工法説明
 

X線(レントゲン)写真はいわゆる影絵と考えていいでしょう。X線が躯体を透過すると躯体内の配筋や配管に合わせX線が吸収されます。したがって、透過後のX線の強さはその吸収に応じて強弱が生まれます。この強弱の度合いをフィルムに映し出しているのがX線写真です。

 
 
レジテムロゴ
copyright(c)2006-2015 Resitem Corporation All rights reserved